ホーム > 伝統構法協議会

伝統構法協議会

伝統構法協議会

NPO法人森林をつくろうでは、「家づくりプロジェクト」のために伝統構法協議会を立ち上げ、
様々な活動を行っております。

DSCN2762.jpg DSCN3097.jpg DSC_0089.jpg


 

【研究】
材料を知る
日本位古くから伝わる「伝統的な構法」で建物を建てるためには、材料にこだわり、
材料の良し悪しを見極める技量が必要になってきます。
協議会では、「材料について」「建築する環境に適した素材は何か」などを、メン
バーで議論し、材料を見に行くことから勉強や研究を重ねています。
【講習会】
【検討会】
建築を知る
伝統的な構法といっても、地域や環境によって様々な形があり、伝統的な技術を継
承しながらも、現代にあった建築とはどのようなものなのかを知るために、伝統的
構法の全般を学ぶ講習会や検討会を実施しています。
【見学会】
実際に見て
経験をする
伝統的な構法で建てられた建物を見学したり、伝統的な構法がどのような働きをす
るのか知識を深めるため、実験を見学したり、実際に自身の目で見て再認識する機
会をつくっています。
活動について 平成28年度より伝統的な構法についての講習会などを開催するため、現在準備を進
めております。内容などが決定次第HPでお知らせいたします。