ホーム > 国産木材PR事業

国産木材PR事業

国産材PR事業

「日本の木材、手にとって感じてください」

様々なアンケートでも、「家を建てるなら木造」「国内産の素材を使いたい」と答える人は
とても多いです。
しかし一方で、「日本の木材は高い」「国内産の木材を使いたいけれど、相談先はどこ?」
などの疑問や悩みを抱える声を聞くこともとても多いのが現状。

国土の約7割を占める日本の森林が、これほどまでに緑豊かに保たれているのは、昔から木を
伐れば植えて、次の世代に繋げる「循環型」の森林づくりがいろいろなところで、当たり前の
ように行われてきたからです。
資源の少ない日本において、高温多湿の気候環境を利用して育つ木材などの再生可能な資源は、
生活に欠かせなかったことから、雨の日も風の日も、森林づくりをする人たちは、毎日重い荷
物を持って、森林に足を運んでいたのです。

森林づくりをする林業家=森林所有者は、
◯誰かに喜んで使ってもらうために、良い木材を育てよう
◯次の世代の何かしらの糧にするために、素晴らしい森林に育てよう
◯どんなに大変な作業でも、育てた森林が天災に負けず一生懸命成長
 している姿を見れば、それだけでとても嬉しく幸せな気持ちになる
◯使ってくれる人が喜んでいることを知ると、それだけで先祖にも子
 孫にも自慢できる
など、お金には変えられない想いや決意を語られます。

森林は、そんな森林づくりをする人の想いが詰まった夢や誇りのある場所でもあります。
その場所で育つ木材にも、もちろん夢や誇りが詰まっています。

たくさんの人に「ありがとう」と言って日本の木材を使ってもらえるよう、
私たちも様々な事業に取り組んでいます。

 

事業内容 ◯「新・木造の家」設計コンペ
◯住宅施工の相談受付
◯木材についての相談受付
◯森林管理の相談受付
◯住宅の見学会
過年度実績 ◯「新・木造の家」設計コンペ実施(11回<平成27年度>開催)
◯佐賀県および福岡県での住宅施工
◯住宅見学会の開催
◯モデルハウスを利用しての住宅施工相談受付
関連事業 「新・木造の家」設計コンペ
モデルハウス
家づくりプロジェクト
伝統構法協議会
◯森林塾/職人塾
◯住宅施工
施主公募事業

 

401-thumb-250x187-274.jpg 395-thumb-250x333-276.jpg 402-thumb-250x187-278.jpg